ZZ-R1400いよいよ市場デビュー!

ZZ-R1400は、2006年から川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーが製造・販売しているZZRシリーズのモデル。

日本国外市場向けのバイクです。

2012年以降の北米・オセアニア仕様はNINJA ZX-14として販売されています。

「2000年にカワサキのZX-12Rが発売されて、その後にZZRのモデルチェンジが行われ、それに合わせてツアラー寄りに路線をシフトしたカワサキ・ZZR1200も発売されました。

2006年に入ると今度は車種の統合が敢行され、フルモデルチェンジとなったのです。

それでこのZZR1400が発売されました。

北米仕様はNINJA ZX-14というネーミングで発売されています」。

「エンジンについてはコンペチターであるスズキのハヤブサ、さらに前身のモデルであるZX-12Rのウイークポイントを研究して開発された新型モデルです。

1352cc水冷並列4気筒エンジンを搭載したもので、新開発のモノコックフレームに載せています。

市場からは不評を買ってしまったZX-12Rのピーキーなパワー特性(とくにエンジン)を見直し、排気量を増やしてフラットなトルク特性を全面に押し出しています」。

「またこれもピーキーと言われた所以の1つですが、FI車特有の低速での過敏すぎるアクセルワークも全面改訂に踏み切りました。

買取業のわれわれとしてはこのピーキーという口コミが広がったことに肝を冷やした時期もありましたが、200ps近いハイパワーと街乗りでの乗りやすさを兼ね備えたマシンセッティングを実現するなどして、ピーキーの壁を克服しています。

これで買取市場にも多くのZZ-R1400が流通してくると思います」。